今年の夏にどうしても着たいワンピースがあったのですが、そのワンピースは身体のラインがよく出るかつ全体の露出度も高いものだったので、これを着こなすためにダイエットすることを決意しました。

 

ダイエットを始めるにあたってまず重視したのは体重ではなく見た目です。

いくら体重が減っても見た目に変化がなければ服を着こなすという目的を達成できないのはもちろん、今後も太りやすく痩せにくい体質になってしまうことを避けるためです。見た目重視のダイエットに効果的だったのは食生活の改善と毎日継続した筋力トレーニングでした。

 

食事は低炭水化物、高タンパクを常に心がけ、カロリー制限よりも栄養バランスの見直しに重点を置きました。

この時に炭水化物量をゼロではなくあくまで少なめにすることで脂肪燃焼効果の低下を防ぐことができます。

 

また、高タンパクな食事を心がけることで自然と筋肉もつきやすくなり逆腕立て伏せや足パカ運動といった二の腕や太ももの脂肪を落とすためのトレーニングにも効果がより見えやすくなりました。2月頃から始めたトレーニングですが、6月の終盤には余分な脂肪も順調に落ち、8月の夏真っ盛りの時期にはお気に入りのワンピースを着こなすことができとても嬉しかったです。