宅地建物取引主任者の資格の勉強を通信講座で受けてみました。

受けるきっかけとなったのが、当時転職を考えていて万が一資格を持っていたら有利になることがあるかなと感じたこと。

また転職を考えているとき、たまたま不動産屋さんでアルバイトをしたことがあって、不動産の仕事に興味を持ったこと。

手軽に家で勉強出来る通信講座で試してみることにしました。

 

宅地建物取引主任者の資格は

よく専門学校に行って勉強して資格取得される方が多いと聞いていました。

しかし通信講座に比べると金額が何倍も違うし、すぐには払えるような金額ではなかったのでやめました。

通信講座では、テキストが送られてきて勉強するといった内容。

ただ独学で勉強するには知識が何もない状態ではありましたので勉強を進めるに辺り少し苦労しましたが、何回もテキストをやることによって理解がとても深まりました。

 

でも、通信講座でのテキストだけでは

理解が出来ないことあったので市販のテキストも購入してやりましたので、結局プラスでお金が必要になったのが残念だったなと思いました。

でも、通信講座は手軽さが資格を取ろうと考えてる人にはいいなと思いました。

無事に宅地建物取引主任者の資格を取れました。

次は旅行業務取扱管理者の通信講座を受講し、さらに国家資格を増やしたいと思います。