植え込みに放置された空き缶が・・・

私の自宅の庭は夏になると雑草が生えるので定期的に手入れをする。

だが忙しさにかまけて、つい放置した夏があった。

その夏のある日、道路に面した植え込みにタバコの吸い殻が捨ててあるのを見つけた。

数日後には、今度は空き缶が捨ててあった。

おそらく通行人のしわざだろう。

 

雑然とした家は空き巣に狙われる、かもしれない

それからもポイ捨ては度々あった。

フェンスの設置を考えたが、その前に雑草をきちんと刈り、植え込みをきれいにして、庭を元の姿に戻すことにした。

手入れの行き届いた整然とした場所にはゴミは捨てにくいものだ。

このまま放っておくと、もっと大きなゴミが捨てられるかもしれないし、さらには放火にもつながりかねない。

外回りが雑然とした家は空き巣に狙われやすいと何かで読んだこともある。

 

効果絶大、ダミーの防犯カメラ

庭の手入れの効果があったらしく、吸い殻のポイ捨ては止まった。しかし、しばらくするとまた空き缶が。

今度は通行人から見える位置にダミーの防犯カメラを取り付けた。

住人としては不快なので、これで防げなければ本物の防犯カメラを設置するつもりだった。

だが幸いなことに、それ以降ポイ捨ては一度もなかった。

警備会社のホームセキュリティと違い、自前の場合は非常時に警備員が駆けつけてくれないのが難点だ。

そのうちアルソックとセコムのどちらがいいのか考えておかねばならないだろう。

しかし、たとえダミーであっても一台の防犯カメラの効力を教えられた出来事だった。